【OpenFit Air 比較&レビュー】OpenFitとの違いは…

shokz OpenFitAir OpenFit アイキャッチ

運営者情報

りぶらい
一人暮らし歴6年の私が
暮らしに”ちょっと良い”をプラスする
モノやサービスの情報をお届けします!

この記事は…

Shokz OpenFit AirOpenFitの違いを、どの記事よりも分かりやすく詳細にまとめます!

購入を検討しているけど、”何がどう違うのかよく分からない!”という方は必見です!

Shokz OpenFit AirOpenFitの違い

どの記事よりも分かりやすく詳細に

まとめます!

購入を検討しているけど、

”何がどう違うのかよく分からない!”

という方は必見です!

両製品の最大の違いはコスパ

\おすすめの選び方/

コスパ
重視
バッテリー/音質
重視
気軽に
オープンイヤー型イヤホンを試したい人向け
OpenFit Air
少しでも
駆動時間や音質にこだわりたい人向け
OpenFit

\コスパ重視ならAir!/

SHOKZ
¥19,880 (2024/06/12 04:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

\長時間使用や音質重視の人はこっち!/

SHOKZ
¥24,880 (2024/05/14 21:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る
タップできる目次

どっちが最新?
OpenFit AirOpenFitの発売日

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 レビュー

まず初めに、OpenFit AirOpenFitの発売日と価格を下記に整理しました。

項目OpenFit AirOpenFit
発売日2024/5/102023/7/6
価格(税込)19,880円24,880円

発売日の通り、OpenFitが初代で、OpenFit Airはその約1年後に発売された後継機です。

詳細は後述しますが、OpenFit AirOpenFitの機能をほぼそのまま継承しながら、より使いやすく改良され、更に価格を約5,000円低く設定した高コスパイヤホンです!

最大の違いは価格!
OpenFit AirOpenFitの違い

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 何が違う?
りぶらい

OpenFit AirOpenFitの違いをまとめるよ!

はじめにお伝えしておくと、両製品のスペック上の違いは極わずかです。

そのため、最大の違いは本体価格!

という事で、下記が私の結論です!

一番の差は価格!

気軽にオープンイヤー型イヤホンを試したいコスパ重視の人はOpenFit Air

少しでも長時間駆動で良い音で楽しみたい人はOpenFitがおすすめだよ!

りぶらい

もっと細かく違いを見ていこう!

OpenFit AirとOpenFit

以降では、主に下記の観点でOpenFit AirOpenFitの違いをまとめます!

(タップすると該当箇所に飛べます!)

スペックで見る!
OpenFit AirOpenFitの違い

ここからは、OpenFit AirOpenFitの違いについて、各商品のスペックから比較をしてみます!

結論は下記の通りです。

各商品の違いとおすすめの人

OpenFit Air

  • 価格が約5,000円安い割に、OpenFitと比べて見劣りするスペックはほぼ無し!
  • OpenFitよりもバッテリー駆動時間が1時間少ない
  • コスパ重視の人におすすめ!

\コスパ重視ならAir!/

SHOKZ
¥19,880 (2024/06/12 04:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

OpenFit

  • 価格が約5,000円高くなるが、OpenFit Airよりもバッテリー駆動時間が1時間長い
  • AppleのAACコーデックに対応しており、iPhoneなどで音楽を楽しむ場合はちょっと良い音質で楽しめる!
  • 価格よりもバッテリー駆動時間や音質を重視する人におすすめ!

\長時間使用や音質重視の人はこっち!/

SHOKZ
¥24,880 (2024/05/14 21:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

主なスペックの違いを抜粋して比較!

OpenFit AirOpenFitのスペックで、特に重要な差分を下表に抜粋しました。

りぶらい

各製品の主な差分は下表の通り!

\各イヤホンのスペック上の差はこちら/

項目OpenFit AirOpenFit
価格(税込)19,880円24,880円
バッテリー
駆動時間
(イヤホン単体)
6時間7時間
バッテリー
駆動時間
(ケース含む)
28時間
待機時間最大30日最大10日
イヤホン重量
(片耳)
8.7g8.4g
ケース重量74.6g75.3g
互換
コーデック
SBC
AAC対応
スペック情報はShokzの公式HPから引用

全スペックを比較してみた!

Shokzの公式HPで、現在掲載されている各商品の全スペックを下表にまとめました

差分は下記の通りです。

差があるスペック項目
  • 商品価格
  • バッテリー駆動時間
  • 電池容量(イヤホン単体)
  • 待機時間
  • 互換コーデック
  • イヤホン重量(ケース重量)
  • マイク性能(Airは非公開)

正直、普通に使用する上ではこれらの差分はほぼ気にならないかと思います。

強いて挙げるなら、下記2点は人によって重視する方もいるかもです。

・バッテリー駆動時間が1時間違う
・互換コーデックの対応

個人的には、

バッテリー駆動時間や音質に特別なこだわりが無い人は、コスパが高いOpenFit Airがおすすめ

です!

りぶらい

ほとんどのスペックは両製品で同等だね!

\横にスクロールしながらご覧ください!/

スクロールできます
区分項目OpenFit AirOpenFit
商品価格価格(税込)
【ポイント!】
19,880円24,880円
バッテリー関連バッテリー
駆動時間
(イヤホン単体)
6時間7時間
バッテリー
駆動時間
(ケース含む)
28時間28時間
待機時間最大30日最大10日
充電時間
(イヤホン)
1時間
充電時間
(ケース)
2時間
充電ポートUSB Type-C
急速充電対応
(10分間の充電で2時間の使用可能)
電池容量
(イヤホン)
40mAh58mAh
電池容量
(ケース)
600mAh
接続性能Bluetooth
バージョン
V5.2
無線通信
距離
10m
対応
プロファイル
A2DP, AVRCP, HSP, HFP
互換
コーデック
SBC
AAC対応
設計仕様イヤホン重量
(片耳)
8.7g8.4g
ケース重量
(イヤホン込み)
74.6g75.3g
防塵防水性能IP54
コマンド
コントロール
タッチパッド
素材【イヤホン】
プラスチック
シリコン
ステンレススチール
(スチールメッシュ)
【ケース】
プラスチック
PC、シリコン
サウンド周波数
特性
50Hz~16kHz
感度96.2dB
±2.5dB
95.5dB
± 2.5dB
EQ機能アプリ対応
マイクロホンマイク
感度
-38dB±1dB
マイク
タイプ

デュアル
ノイズキャンセリング
マイク

AIコール
ノイキャンセリング
指向特性
単一指向性
(カーディオイド)
スペック情報はShokzの公式HPから引用

※スペック表にはありませんが、いずれもBluetoothのマルチポイント接続対応です
マルチポイント接続の詳細はコチラ!

\コスパ重視ならAir!/

SHOKZ
¥19,880 (2024/06/12 04:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

\長時間使用や音質重視の人はこっち!/

SHOKZ
¥24,880 (2024/05/14 21:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

スペックには表れない!
OpenFit AirOpenFitの違い

ここからは、スペックには表れないけど実は違うOpenFit AirOpenFitの違いを紹介していきます!

スペック差分よりも、こっちの方が使用感に直結する重要要素なので、どちらを買おうか迷っている方は、この違いを基準に商品を選ぶのがおすすめです!

(タップすると該当箇所に飛べます!)

カラーバリエーションの違い

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 カラーバリエーションの違い
Shokz公式HPより引用

OpenFit Air

➡ ブラック/ピンク/ホワイトの3色展開

OpenFit

➡ ブラック/ベージュの2色展開

OpenFit AirOpenFitでは、カラーバリエーションが異なります。

OpenFitがメリハリの効いたカラー展開であるのに対し、OpenFit Airは淡色系のカラー展開になっています。

自分の欲しい色がある方を選ぶのもアリですね!

りぶらい

ホワイトやピンクがある
OpenFit Airのカラバリが好きな人も多そう!

同じブラックでも色味が違う!

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 同じ色でも色味が違う

上の画像はいずれも”ブラック”の商品ですが、OpenFit AirOpenFitで若干色味に差があります。

OpenFit Airのブラックは色が淡くてグレーっぽい色味ですが、OpenFitはより濃いブラックですね。

ちなみにこの色味は、ケースも同様です。

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 同じ色でも色味が違う

また、OpenFit Airはロゴがケースに彫られていますが、OpenFitのロゴは印刷です。

りぶらい

個人的には、ロゴがケースに彫られているAirの方が、立体的なデザインで好きです!

デザインの違い

スペックでは分からないOpenFit AirOpenFitの大きな違いとして、各部のデザインが異なる点も挙げられます。

主な違いは下記の7つ!

りぶらい

それぞれ解説していくよ!

① 本体部のデザイン違い(表面)

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 外観の違い

まず目を惹くのが、本体部分のデザインです。

OpenFit Airメタリックパーツが採用されており、少しアクセントの効いたデザインになっています。

一方、OpenFitは全体的にマットな質感で落ち着いたデザインになっています。

② 本体部分の大きさ違い

OpenFit AirOpenFitに比べて、画像の点線で囲った本体部分が一回り大きいのが分かるかと思います。

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 本体部分の大きさ違い

この部分はタッチ操作(再生/一時停止や音量調整など)をする際にタップする部分であり、OpenFitでは面積が小さいため誤操作をしやすいというイマイチなポイントでした。

OpenFit Airでは、この部分が一回り大きく改良されたことにより、圧倒的にタッチ操作がしやすく、誤操作の防止に貢献しています!

タッチ操作が活躍する場面は、主に外出時など、スマホを取り出さずに操作をしたいシーン。

外出時の使用を主な用途で検討している人は、タッチ操作がしやすいOpenFit Airの方がおすすめです!

タッチ操作のもう一つの課題は解消されず…

Openfitから課題だった、タッチ操作のもう一つの残念な点は、Airでも解決されませんでした…
詳細はコチラ!

③ ケースとイヤホン裏面の材質違い

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 ケースとイヤホン内側の材質違い

ケースとイヤホン裏側の質感にも、両製品で差があります!

画像の通り、OpenFit Airはマットな質感が採用されており、皮脂汚れが目立ちにくい設計なっています。

一方、OpenFitは反射しやすい質感になっており、皮脂汚れが目立ち気味です。

この点はOpenFitを使っていてイマイチだと思っていた点だったので、嬉しい改善ポイントです!

この点でも、汚れが目立ちにくいOpenFit Airの方がおすすめです!

りぶらい

耳に着けるものだし、清潔感は大事!

④ イヤーフックのデザイン違い

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 イヤーフック部分のデザイン違い

外観で分かる両製品の差として、分かりやすいのがイヤーフック部分の形状です。

OpenFit Airはイヤーフックの末端がくり抜かれた様な形状になっているのに対し、OpenFitはそのような形状ではありません。

おそらく、OpenFit Airでイヤホン本体のサイズが一回り大きくなった分、重量を軽くするための設計かと思います。

その効果か、両製品の重量を比較しても、ほとんど差はありませんね。

項目OpenFit AirOpenFit
イヤホン重量
(片耳)
8.7g8.4g
ケース重量74.6g75.3g
スペック情報はShokzの公式HPから引用
りぶらい

重量はほぼ同じ!

⑤ 本体部分のデザイン違い(イヤホン角度)

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 本体内側の角度違い

イヤホン本体部の内側にも差があります。

画像の通り、OpenFit Airはイヤホンの内側に角度が付いた形状です。

一方、OpenFitはフラットな形状になっています。

OpenFit Airの公式HPでは、この形状によって安定したフィット感を得られることが掲載されています。

使用時に差は感じる?

とはいえ、実際に使用していてフィット感の差は感じるのか?

私の感覚ですが、ほぼ差は感じません

これは悪い意味ではなく、

OpenFit AirOpenFitのどちらもが、着けているのを忘れるくらい軽い装着感で、非常に快適である”

という意味です。

なので、この点は確かに差ではありますが、商品選びにおいては気にしなくても良いかと思います!

⑥ 付属品の違い

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 付属品の違い

付属品にも少し違いがありました!

OpenFit AirOpenFitも、説明書やUSBケーブルは共通して付属していましたが、OpenFit Airの方には専用ポーチが!

OpenFitは、ケースをそのままカバンの中に入れて持ち歩いていたのですが、下図の通り、意外と傷がついてしまったりするんですよね……

shokz OpenFit  ケース表面の傷

なので、OpenFit Airで専用ポーチが付属するのは嬉しい点ですね!

ただし、公式HPで公開されている付属品の中には、ポーチの記載は無かったので、もしかしたら数量限定の付属なのかもしれません……

ケースもちゃんと綺麗に保ちたいよ!という人は、色々なメーカーから専用ケースが発売されていますので、そちらを購入するのもおすすめです!

シンプルなケースもあれば、Nintendo Switch風の可愛いものまで!

りぶらい

別売りケースで個性を出すのもアリ!

\シンプルなケース/

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

\可愛いデザインが魅力のSwitch風ケース/

⑦ 微妙な音の違い

それぞれの製品で音に違いはあるのか?

素人の私の感覚では、どちらも一緒です

強いて言うなら、よーく聞いて交互に聞き比べをすれば、”OpenFit Airの方が極わずかに低音が強めに出ているかなぁ……?”程度です。

でも、OpenFit AirOpenFitも、Shokzアプリからイコライザを切り替えることが可能なので、それほど気にしなくて良いかと思います。

ちなみに、OpenFit Airはプリセットの4種類からEQを選択できますが、OpenFitはそれに加えて自分でカスタマイズしたEQを2つまで登録可能です。

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 イコライザの違い
設定できるEQの違い

OpenFit Air

➡ 4種類から選べる

スタンダード / ボーカル / 低音強め / 高音強め

OpenFit

➡ 4種類から選べる+カスタムしたEQを2つまで登録可能

スタンダード / ボーカル / 低音強め / 高音強め / カスタム1 / カスタム2

ちなみに、普段私はandroidスマホを使っていて、Amazon Music Unlimitedで音楽を聴いています。

もしかしたら、Apple製品とOpenFitの組み合わせだと、ちょっと聞こえ方が違うかもしれません。
(Appleの場合は、AACコーデックという音質が良い形式で音楽を再生でき、OpenFitはその形式に対応しているため)

とはいえ、ほとんどの方は”ながら聴き”の用途がメインかと思いますので、”普通に音楽が楽しめればいいよ!”という方は、どちらの商品を買っても満足できると思います。

\コスパ重視ならAir!/

SHOKZ
¥19,880 (2024/06/12 04:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

\長時間使用や音質重視の人はこっち!/

SHOKZ
¥24,880 (2024/05/14 21:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

Shokzアプリでできることの違い
マルチポイント接続とカスタマイズ

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 アプリでできる事

OpenFit AirOpenFitも、Shokzアプリと連携することで機能拡張が可能です!

便利機能が使えるほか、イヤホンのソフトウェアアップデートに必要なアプリなので、必ずインストールしておきましょう!

アプリでできることは、下記の4つです!

(タップすると該当箇所に飛べます!)

マルチポイント接続の設定やソフトウェアアップデートの実施など、両製品の機能を最大限に活用するためにshokzアプリが必要です!

OpenFitは発売当初マルチポイント接続に非対応でしたが、ソフトウェアアップデートによってマルチポイント接続に対応しました。

りぶらい

shokzアプリでできることを紹介していくよ!

① バッテリー残量の確認

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 バッテリー残量の確認

shokzアプリで確認できることの1つ目は、バッテリー残量の確認です!

上図の様な感じで、左右のイヤホンのバッテリー残量を一目で確認することができます。

OpenFit Airの方は、ケースのバッテリー残量も確認が可能です。

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 ケースでバッテリー残量を確認可能

ちなみに、ケースのバッテリー残量は、ケース開閉時に光るLEDの色でもおおよその確認が可能です!

② イコライザの変更

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 OpenFitはカスタムイコライザを登録可能

shokzアプリで確認できることの2つ目は、イコライザ変更です!

イコライザは、簡単に言うと音の聞こえ方を調整する機能です。

OpenFit AirOpenFitも、4つのプリセットから変更できる点は同様です!

OpenFitでは、4つのプリセットに加えて、自分でカスタマイズしたイコライザを2つまで登録可能です!

調整できる音域は図の通り、64Hz / 100Hz / 1kHz / 4kHz / 8kHz の5つです。

もしかしたら、OpenFit Airも今後ソフトウェアアップデートでカスタムイコライザを登録できるようになるかもしれませんが、イコライザを自分で調整して音楽を楽しみたい人は、OpenFitがおすすめです!

③ マルチポイント接続の設定

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 マルチポイント接続

マルチポイント接続の設定は、OpenFit AirOpenFitできることは共通です!

同時に2台のデバイスと接続ができるマルチポイント接続。

1台目のデバイスと接続を完了した後は、アプリでマルチポイント接続をONにして、2台目のデバイスと接続しましょう!

④ タッチ操作のカスタマイズ

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 タッチ操作の割り当て

タッチ操作の設定も、OpenFit AirOpenFitできることは共通です!

2回タップとプレスアンドホールド(長押し)に登録できる内容は下記の通りです。

割り当て可能な操作の一覧

2回タップ

  • L:再生/一時停止 、R:再生/一時停止
  • L:再生/一時停止 、R:次へ
  • L:再生/一時停止 、R:前へ
  • L:再生/一時停止 、R:音声アシスタント

プレスアンドホールド(長押し)

  • L:前へ 、R:次へ
  • L:音量を下げる 、R:音量を上げる
  • L:音声アシスタント 、R:音声アシスタント

※音声アシスタントはAlexaなどを起動できます

\コスパ重視ならAir!/

SHOKZ
¥19,880 (2024/06/12 04:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

\長時間使用や音質重視の人はこっち!/

SHOKZ
¥24,880 (2024/05/14 21:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

ここに注意!
OpenFit AirOpenFitのデメリット

ここからは、OpenFit AirOpenFitのデメリットをまとめます!

OpenFit AirとOpenFitのイマイチな点

タッチ操作で基本操作を網羅できない

前述したタッチ操作に関して、OpenFit AirOpenFitも、注意して欲しい点が1点だけあります。

それは、どう組み合わせてもタッチ操作だけで基本操作を網羅できない事!

りぶらい

どういう事か、詳しく説明するね!

基本操作とは、音楽再生に必要不可欠な下記の動作です。

  • 再生/一時停止
  • 音量UP/Down
  • 次の曲/前の曲

音楽を聴いていたら、上の3種類の動作をしたいタイミングってありますよね!

でも……、OpenFit AirOpenFitも、タップ操作で全て網羅できないんです……

前述したタッチ操作の割り当ては下記の通りです。

割り当て可能な操作の一覧

2回タップ

  • L:再生/一時停止 、R:再生/一時停止
  • L:再生/一時停止 、R:次へ
  • L:再生/一時停止 、R:前へ
  • L:再生/一時停止 、R:音声アシスタント

プレスアンドホールド(長押し)

  • L:前へ 、R:次へ
  • L:音量を下げる 、R:音量を上げる
  • L:音声アシスタント 、R:音声アシスタント

※音声アシスタントはAlexaなどを起動できます

このうち、下記2項目は割り当てができるので問題ありません。

  • 再生/一時停止 : L2回タップで操作可能
  • 音量UP/Down : L or Rの長押しで操作可能

問題は、”次の曲/前の曲”の操作です。

こちらは、どちらか一方しか割り当てできません……

  • 次の曲/前の曲 : どちらか一方のみ

なので、基本操作を割り当てようとすると、OpenFit AirOpenFitも、下記のどちらかのパターンで設定せざるを得ません。

コレが唯一、OpenFit AirOpenFitの使い難い点だと思います!

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 デメリット タッチ操作の割り当てがいまいち
●●が2回タップ / ーが長押し
りぶらい

これは本当に改善して欲しい点!

街中では聞こえにくい

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 デメリット 騒音が大きい環境では聞こえない

OpenFit AirOpenFitも、装着していても外の音が聴こえるため、交通量が多い大通りや街中では、まともに音楽が聞こえません

家の中や公園など、騒音が少ない場所での使用に向いています!

少し音漏れする

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 デメリット 音漏れには注意

オープンイヤー型のイヤホンなので、わずかに音漏れはあります。

図書館や自習室など、静かな場所での使用には注意が必要です!

それ以外の場所では、そこまで気にしなくて良いかと思います。

\コスパ重視ならAir!/

SHOKZ
¥19,880 (2024/06/12 04:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

\長時間使用や音質重視の人はこっち!/

SHOKZ
¥24,880 (2024/05/14 21:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

ここが良い!
OpenFit AirOpenFitのおすすめポイント

続いては、OpenFit AirOpenFitのおすすめポイントをまとめます!

りぶらい

両製品を使っていて良いと感じるポイントをまとめるよ!

外の音を聴きながら安全に音楽を楽しめる

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 メリット 周囲の危険に気づけるから安全に音楽を楽しめる

OpenFit AirOpenFitは、いずれも耳を塞がない”オープンイヤー型イヤホン”です。

そのため、装着していても外の音がしっかり聴こえるので、外でも安全に音楽を楽しむことができます!

私はほぼ毎日お散歩をするのですが、その時は必ずOpenFit AirOpenFitを装着し、外の音が聞こえる状態にしています。

車や自転車が近づいてきたら音で分かりますし、コンビニなどで買い物をする時もそのまま会話ができるので、非常に便利です!

りぶらい

外で音楽を楽しむ時は安全第一で!

一日中でも着けていられる軽快さ

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 メリット 軽快な装着感

着けていることを忘れるほどの軽い装着感も、OpenFit AirOpenFitの魅力の一つです!

冗談抜きで、本当に一日中でも着けていられるほど快適です。

それでいて、しっかり耳にフィットしてくれて、何かの拍子に外れてしまうこともありません。

ちなみに、私は最近、家にいるほとんどの時間を装着したまま過ごしています!

それくらい快適で違和感がありません。

りぶらい

耳を塞がないからこそ快適!

マルチポイント接続に対応

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 メリット マルチポイント接続に対応

マルチポイント接続に対応している点も、両製品の使い勝手に磨きをかけています。

OpenFit AirOpenFitは、いずれもマルチポイント接続対応なので、再生したい2つのデバイスを登録しておけば、シームレスにデバイス間を行き来することが可能です!

マルチポイント接続とは?

マルチポイント接続は、イヤホンと2台のデバイスを同時にBluetooth接続できる機能です。

・マルチポイント接続に対応していないイヤホンの場合

マルチポイント接続非対応のイヤホンでは、再生デバイスを切り替えたいときは、bluetooth接続を切り替える操作が必要で、結構面倒です。

・マルチポイント接続対応イヤホンの場合

マルチポイント接続に対応しているイヤホンなら、2台のデバイスと同時接続が可能です!

再生デバイスを切り替える際の、bluetooth接続の解除と接続操作が不要です。

マルチポイント接続の概要

例えば、”スマホで音楽を再生していたけど、PCで動画を観たい”というシーンで考えてみましょう。

この場合、マルチポイント接続対応のイヤホンなら、下記の2つの操作だけで切り替え完了です!

・スマホの音楽を一時停止する

・そのままPCで動画を再生する

面倒なbluetooth接続の解除と再接続の操作が不要になるので、非常に便利な機能ですよ!

りぶらい

初めて使ったときは、便利過ぎて感動しました!

\コスパ重視ならAir!/

SHOKZ
¥19,880 (2024/06/12 04:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

\長時間使用や音質重視の人はこっち!/

SHOKZ
¥24,880 (2024/05/14 21:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

OpenFitユーザーがAirに乗り換える価値はある?

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 質問 OpenFitユーザーはAirを買うべき?

現在OpenFitを使っているユーザーが、OpenFit Airを買う価値はあるのか?

私の結論は、下記の通りです。

OpenFitに不満が無いなら買わずにOK!

でも、下記に該当するならAirの購入がおすすめ!

  • OpenFitのタッチ操作領域に不満がある
  • 家用と外出用で分けるために、もう1つ買い足したい

OpenFitのタッチ操作が不満ならAirがおすすめ!

まず、”OpenFitのタッチ操作領域に不満がある”人は、OpenFit Airの方が快適に使えます。

前述の通り、OpenFit Airの本体部はOpenFitに比べて一回り大きく設計されてます。

そのため、OpenFitのタッチ操作がしにくいと感じている人や、誤動作でイライラしている人は、OpenFit Airがおすすめです。

もう一台買い足したい人にもAirはおすすめ!

家用と外出用で、もう1つOpenFitの購入を検討していた人にも、OpenFit Airがおすすめです!

OpenFitの機能はそのままに、約5,000円値段が安いので、経済的に目的を達成できますよ!

\コスパ重視ならAir!/

SHOKZ
¥19,880 (2024/06/12 04:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

\長時間使用や音質重視の人はこっち!/

SHOKZ
¥24,880 (2024/05/14 21:56時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

Openfit Airは骨伝導イヤホンなの?

Shokzは骨伝導イヤフォンが有名ですが、OpenFit AirOpenFitいずれも骨伝導イヤフォンではないです。

OpenFit AirOpenFitは、オープンイヤー型イヤホンと呼ばれるジャンルの商品で、耳を塞がない快適さが特徴の商品です。

どっちがおすすめ?
オープンイヤーと骨伝導

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 質問 骨伝導イヤホンとオープンイヤー型イヤホンはどちらがおすすめ?

どちらも外の音が聴こえ、軽快な装着感であること同じですが、音質と駆動時間の面で差があります。

音質と駆動時間がオープンイヤー型の方が優れているため、個人的にはオープンイヤー型の方がおすすめです!

骨伝導イヤホンは駆動時間が短い!

Shokzの骨伝導イヤホンであるOpenRunを例に、OpenFit AirOpenFitとの違いを比較してみましょう!

\横にスクロールしながらご覧ください!/

スクロールできます
項目OpenRunOpenFit AirOpenFit
Shokz openrun 外観
価格
(税込)
17,880円19,880円24,880円
駆動時間
(イヤホン単体)
8時間6時間7時間
駆動時間
(ケース込み)
ケースなし28時間

イヤホン単体の駆動時間はさほど変わりませんが、OpenRunにはケースがありません。

そのため、トータルの駆動時間はOpenFit AirOpenFitの方が圧倒的に長いです!

オープンイヤーは骨伝導より高音質!

オープンイヤー型イヤホンは、耳元で小さなスピーカーを鳴らして音を聴く構造の為、骨伝導イヤフォンよりも良い音質で音を楽しむことができます!

同じくShokzの商品で、マルチポイント接続に対応した骨伝導イヤフォンOpenRunについては、下記の記事でレビューしていますので、気になる方は併せてご覧ください。

\OpenRunの詳細はこちらから!/

OpenFit AirOpenFitの違い
まとめ

shokz OpenFitAir OpenFit 比較 まとめ 自分に合う方を買おう!

OpenFit AirOpenFitの違いについて、できるだけ詳しく、分かりやすくお伝えしてきました。

最後に、両者の違いを簡単にまとめて終わりたいと思います!

項目OpenFitAirOpenFit
(タップすると詳細に飛べます)
区分オープンイヤー型イヤホン
発売日2024/5/102023/7/6
価格
(税込)
19,880円24,880円
おすすめの
選び方
コスパ重視駆動時間や
音質重視
カラーブラック
ピンク
ホワイト
ブラック
ベージュ
操作性
汚れの
目立ちにくさ
カスタムEQ
対応
マルチポイント
接続対応

いずれも良いイヤホンなので、自分の用途に合う方を選べば間違いなしです!

\コスパ重視ならAir!/

SHOKZ
¥19,880 (2024/06/12 04:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

\長時間使用や音質重視の人はこっち!/

SHOKZ
¥24,880 (2024/06/15 20:21時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

\Shokzの骨伝導イヤホンはコレ!/

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

  • 記事に関する感想やコメント
  • 商品に関する質問
  • レビューして欲しい商品のリクエスト
  • その他、お仕事のご依頼

などは、随時募集中です!

Xアカウント もしくは お問合せ より、お気軽にメッセージにてご連絡下さい!

りぶらい

また次回の記事でお会いしましょー!

最後まで読んで頂き
ありがとうございます!

  • 記事に関する感想やコメント
  • 商品に関する質問
  • レビューして欲しい商品のリクエスト
  • その他、お仕事のご依頼

などは、随時募集中です!

下記からお気軽にご連絡下さい!

りぶらい

また次回の記事でお会いしましょー!

\記事内容が良かった/タメになったと感じたら…/

タップして応援方法を見る
OFUSEの応援方法
画像をタップすると拡大できます

  • URLをコピーしました!

記事の感想や商品の質問はコチラから!

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次