【薄い?】メタシル/メタシルライトノックの口コミ・評判!

metacil

著者情報

この記事を書いた人
サイトアイキャッチ りぶらい

りぶらい

毎日の暮らしに”ちょっと良い”をプラスするモノやサービスの情報をお届けします!

タップできる目次

現代のメタルペンシル。metacil(メタシル)

metasil(メタシル)外観図
metacil(メタシル)の外観
公式HPより引用(https://www.sun-star-st.jp/campaign/metacil/index.html)

metacil(メタシル)
削ることなく16km書ける

現代版メタルペンシル

metacil(メタシル)は、黒鉛と金属を含む特殊な芯を使用することで、削ることなく16kmの筆記を可能にした、現代版メタルペンシルです。

鉛筆と同様に書くことができるだけでなく、消しゴムで消せる点も特徴です。

削らず書き続けられるという点を活かし、デッサンや勉強など、これまで鉛筆で行ってきた作業をノーストレスで行うことが可能です。

この記事では、 metacil(メタシル)に関する口コミや評判をまとめます。

文具選びの参考になれば幸いです。

metacil (メタシル) の特徴
  • 2H相当の芯の濃さ
  • 削らずに16kmの筆記が可能
  • 交換可能なペン先
  • 消しゴムで消せる

metacilメタシルの概要については、下記の公式動画も併せてご覧ください。

metacil(メタシル)の特徴
公式HPより引用(https://www.sun-star-st.jp/campaign/metacil/index.html)

metacil(メタシル)の口コミ

早速、metacil(メタシル)の口コミについて見ていきましょう。
口コミ内容の概要は下記の通りです。

ネガティブな口コミ
  • 字が薄い
  • 重くて冷たい
  • 値段が高い
  • 芯が消費されるにつれて丸まってくる
  • 売り切れている店舗が多い
ポジティブな口コミ
  • 長期間書ける
  • 長期間使用しても細字で書ける
  • 消しゴムで消せる

全体を通し、字が薄いという口コミが目立ちます。

2H相当ですので、仕様上でも字が薄い設計となっていますが、
皆さんが想像されていた濃さよりも、薄いという実感があるようです。

metacil(メタシル)の開発は、”デッサンや下絵で鉛筆を大量に消費する際に、鉛筆を削る煩わしさを解消すること”を起点にしています。
公式動画やHPでもそうしたシーンでの使用イメージがあることから、デッサン,下絵用途において必要な濃さを仕様にしているのかもしれません。

そのため、芯を削らずに鉛筆の様に書ける点に魅力を感じる方や、デッサンや下絵目的で使用する方に、マッチする商品かと思われます。

Metacil(メタシル)は主にこんな方におススメ!
  • 芯を削らずに、鉛筆の様に書く、消すができる点に魅力を感じる方
  • デッサンや下絵描きをメインの用途として考えている方

\2H相当の濃さで削らず16km書ける!metacilの購入はこちらから!/

ネガティブな口コミ

ここでは、ネガティブな口コミをまとめてご紹介します。

字が薄いというコメントが目立ちます。

変わり種として、1本買いました。鉛筆のように、芯が丸まってくるので、削れないからそこがネックです。

https://monolog.r-n-i.jp/item/4901770686530

鉄芯なので色は薄いです。持ち手部分も鉄で出来ているので重く冷たいので長時間の使用は手が疲れてしまいます。
値段の割には使い心地はあまり良くない

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2T7GR8RTUVPLD/ref=cm_cr_dp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B09X9QRQWP
スクロールできます

ポジティブな口コミ

ここでは、ポジティブな口コミをまとめてご紹介します。

\2H相当の濃さで削らず16km書ける!metacilの購入はこちらから!/

ノックタイプのmetacilも!metacil light knock(メタシル ライト ノック)

metacil(メタシル)には、軽量化と芯の濃さを改良し、ノック式を採用したモデルである、metacil light knock(メタシル ライト ノック)もラインナップがあります。

メタシルライトノック

metacil light knock(メタシル ライト ノック)の概要は、下記の通りです。

metacil(メタシル)に比べて、改良されている部分も多いですが、ペン先交換が不可な点や、筆記距離が5km相当になるなどの違いがあるため、注意が必要です。

metacil light knock(メタシル ライト ノック) の特徴
  • H相当の芯の濃さ
  • 削らずに5km相当の筆記が可能
  • ペン先は交換不可
  • 消しゴムで消せる
  • ノックタイプで持ち運び時には芯を保護できる
  • プラスチック素材使用でmetacilよりも軽量
  • お値段はmetacilの約1/3

\H相当の濃さで削らず書ける!ノック式タイプのメタシルはこちらから/

ノックタイプのmetacil light knock(メタシル ライト ノック)に関する口コミ

metacil light knock(メタシル ライト ノック)に関する口コミをまとめます。

口コミ内容の概要は下記の通りです。

ネガティブな口コミ
  • 字が薄い
  • 値段が高い
  • 筆記可能距離が5kmに減少
ポジティブな口コミ
  • 待望のノック式
  • 軽量化されている
  • 従来品よりも濃い(H相当)
  • 従来品よりも値段が安い

metacilに比べ、こちらではポジティブな口コミも目立ちます。

metacilで対応していなかったノック式である点や、H相当の芯の濃さになりつつ軽量化されている点など、

metacilでネガティブな評価を受けていた点を改善している印象です。

字が薄い点やコスパ面でのネガティブ評価はあるものの、

普段使用も可能な範囲まで改良されているため、メリットを感じる方は多い様です。

metacil light knock(メタシル ライト ノック)は主にこんな方におススメ!
  • 芯を削らずに、鉛筆の様に書く、消すができる点に魅力を感じる方
  • 勉強など、一般用途での使用を考えている方
  • コスパ良くmetacilを試してみたい方
  • 持ち運んで使用するシーンが多い方

ネガティブな口コミ

H相当の濃さでも、薄いというコメントが目立ちます。

ポジティブな口コミ

待望のノック式を喜ぶ声が目立ちました。

metacil(メタシル)とmetacil light knock(メタシル ライト ノック)

最後に、metacil(メタシル)metacil light knock(メタシル ライト ノック)の特徴について比較します。

metacil (メタシル) の特徴
  • 2H相当の芯の濃さ
  • 削らずに16kmの筆記が可能
  • ペン先は交換可能
  • 消しゴムで消せる
  • ペン先の保護なし
  • 胴体部も金属製
  • お値段はやや高め
metacil light knock(メタシル ライト ノック) の特徴
  • H相当の芯の濃さ
  • 削らずに5km相当の筆記が可能
  • ペン先は交換不可
  • 消しゴムで消せる
  • ノックタイプで持ち運び時には芯を保護できる
  • プラスチック素材使用でmetacilよりも軽量
  • お値段はmetacilの約1/3
\metacil はこんな方におススメ!/
  • 芯を削らずに書く、消すができる点に魅力を感じる方
  • デッサンや下絵描きをメインの用途として考えている方
\ metacil light knock はこんな方におススメ!/
  • 芯を削らずに書く、消すができる点に魅力を感じる方
  • 勉強など、一般用途での使用を考えている方
  • コスパ良くmetacilを試してみたい方
  • 持ち運んで使用するシーンが多い方

現代版メタルペンシルでストレスフリーな筆記を!

今回は、現代版メタルペンシルmetacil(メタシル)とそのノックタイプmetacil light knock(メタシル ライト ノック)をご紹介しました。

字の薄さにより、筆記のシーンは限られるかもしれませんが、削らずに書き続けられる点が最大の魅力です!

是非、削ることなく書き続けられる快適性を味わってみて下さいね!

きっと、ストレスフリーな筆記体験ができる事、間違いなしです!


こちらの記事もおすすめ▼

\この記事はSWELLで作成しています!/

metacil

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

やる気に繋がるので、良ければシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次