【ジャングルモック】春夏仕様のメレルジャングルエボをレビュー!

jungle-evo アイキャッチ

著者情報

この記事を書いた人
サイトアイキャッチ りぶらい

りぶらい

毎日の暮らしに”ちょっと良い”をプラスするモノやサービスの情報をお届けします!

-結論-

ジャングルエボは、春~秋にかけてのシーズンで活躍してくれる1軍シューズ!

他の靴には無い快適な脱ぎ履きと、高いクッション性が魅力!

  • 手を使わずに脱ぎ履きできる
  • 高いクッション性で長時間履いても疲れない
  • どんなコーデにも合わせやすいシンプルなデザイン

\高い通気性と軽量化設計が魅力!/

※2023年11月時点で、ハーブ色以外の色は入荷未定の売り切れ状態の様です。ご検討中の方はお早めのご購入をおすすめいたします。

こちらもおすすめ!

\脱ぎ履き楽々の快適シューズ!1年中通して履きたい人にいおすすめ!/

タップできる目次

Merrell(メレル)のシューズをご存知ですか?

りぶらい

みなさんこんにちは!
りぶらい です!

みなさんは、Merrell(メレル)というメーカーのシューズを履いたことはありますか?

私は2年ほど前に、ジャングルモック2.0というシューズで、はじめてメレルのシューズを履きました。

手を使わずに脱ぎ履きできる快適設計や、長時間履いても疲れないクッション性、落ち着いたシンプルなデザインが気に入り、以来、毎日メレルのシューズを履いています。

今回、メレルから春夏向けのジャングルエボという商品が発売され、実際に使用してみたのでレビューをまとめます。

ジャングルモックジャングルモック2.0をベースに、更に進化した快適なシューズでしたので、購入をご検討中の方はぜひ最後までお付き合いください。

jungle-evoイメージ
りぶらい

早速内容を見ていこう―!

ジャングルエボをレビュー

早速ジャングルエボのレビューをまとめていきます!

スタイリッシュな外観

まずはシューズの外観についてです。

下図の通り、スタイリッシュでスリムな設計になっており、シンプルながらもかっこいいデザインになっています。

jungle-evo 外観2
りぶらい

シューズの外観はジャングルモック2.0に近い感じ!
細身でスタイリッシュなデザインが特徴的!

Point!

ジャングルモック2.0と同様に、スタイリッシュでスリムなデザイン!

ニット素材採用でジャングルモックよりも通気性UP!

続いてはアッパー部分の素材についてです。

ジャングルエボでは、アッパー部分はニット素材が使用されており、従来のシューズに比べて通気性がUPしています。

従来のジャングルモックジャングルモック2.0では、アッパー部分はレザーが使用されていたので、この点は大きな改良点と言えそうです。

また、裏地にはメッシュ素材が使用されており、アッパー部分と合わせて、通気性の向上が図られています。

jungle-evo 特徴

程よい通気性を実感!

実際に履いてみた感じが気になる方も多いと思いますので、少し説明しておきます!

前述の様な通気性向上のための改良がなされているジャングルエボですが、実際に履いてみても、ジャングルモック2.0よりも足元が涼しく感じます。

特に効果を感じる部分は、足の甲(アッパー)の部分です。

レザー素材からニット素材に変更されていることで、程よい通気性を感じられます。

実際に夏場も履いてみましたが、暑い日でも靴の中が蒸れることなく、快適に過ごせました!

春~秋頃にかけて、足元を快適にしてくれるシューズだと実感しました!

Point!

足の甲(アッパー)部分の通気性が高く、暑い日でも蒸れにくい!

りぶらい

靴の中が蒸れずに快適!

快適すぎる!ストレッチバンドで脱ぎ履き楽々!

続いては、メレルのシューズにおける最大のポイント!

手を使わずに脱ぎ履きできる設計についてです!

正直、私はこの機能のお陰で、メレルのシューズを履いて以来、他のシューズを履く気にならなくなりました。

それくらい快適で便利な設計です。

ジャングルモックジャングルモック2.0で搭載されていたこの設計は、ジャングルエボでも健在でした!

メレルと言えばコレ!手を使わずに脱ぎ履きできて超絶便利!

メレルシューズの最大のポイント、”手を使わずに楽に脱ぎ履きできる”設計の秘密は、履き口の左右にある”ストレッチバンド”にあります。

このストレッチバンドが、靴を脱ぎ履きする際に伸縮することで、履きやすくも脱ぎやすい機能を実現しています。

jungle-evo 特徴2
りぶらい

まるでスリッパを脱ぎ履きするかの如く
楽にシューズを脱ぎ履きできるよ!

履き口が大きく脱ぎ履きしやすい

その他、履き口が広々している点もポイント!

足を入れやすい大きな履き口で、スムーズな脱ぎ履きを可能にしています。

このあたりの設計は、先代のジャングルモックジャングルモック2.0で培われた技術が、ふんだんに活かされていると感じました!

jungle-evo 特徴3
りぶらい

履き口が大きく設計されているから
足が大きい人でも脱ぎ履きしやすそう!

Point!

両手が塞がっていてもラクラク脱ぎ履きできる設計は健在!

長時間履いても疲れない!快適さの秘密はミッドソールにあり!

クッション性が高い点もジャングルエボの魅力のひとつです!

私はジャングルエボを履く前は、同じくメレルのジャングルモック2.0を履いていましたが、クッション性はジャングルエボの方が高いと感じます。

表現が難しいですが、ジャングルエボの場合、直接地面に接地しているというよりは、クッション材を挟んで地面に接地している様な感覚があります。

靴底部分には、メレルが独自開発した”FloatPro™”と呼ばれるクッション素材が入っているようなので、その効果が発揮されているのだと思います。

りぶらい

歩いているときのクッション性も高くて、
ふわふわとした感覚があるよ!

Point!

とにかくクッション性が高い!硬い路面も快適に!

滑りにくさと軽量化の実現!

最後のポイントは、滑りにくい靴底と軽量化の実現についてです!

ジャングルエボでは、地面に接地する部分だけにラバーを使用し、それ以外の部分は省くことで滑りにくさと軽量化の実現がされています。

実際に使用していても、雨の日や足場の不安定な場所でも滑ったりすることなく使用できています!

また、ジャングルモック2.0に比べて約10gの軽量化が実現されており、長時間履いていても苦にならない重さになっています!

jungle-evo 特徴5
りぶらい

滑りにくくて軽いから
履いていても疲れない!

Point!

滑りにくいし軽いから利用シーンが広がる!

ジャングルエボのメリットとデメリット

ジャングルエボの概要をお伝えしたところで、メリットとデメリットを整理します!

使っていて”良い!と感じるところ”と”う~ん…と感じるところ”はそれぞれ下記の通りです!

手を使わずに脱ぎ履きできる
長時間履いても疲れない
コーデしやすいデザイン
冬は寒いかも
防水仕様じゃない
りぶらい

ひとつずつ詳細を見ていこう!

う~ん…と感じるところ

まずは使っていて”ちょっとイマイチかも”と思う部分についてです!

冬は寒いかも

ジャングルエボは、もともと春夏シーズン様に設計されたシューズなので、冬場の使用は向かないと思います。

逆に、アッパー部分がレザーのジャングルモック2.0などであれば冬場でも履けると思います!

ですが、ジャングルモック2.0も防寒仕様ではないので、雪が沢山降るような寒すぎる地方の方には向かないかもしれません……

ジャングルモックには、滑り止め性能を向上させた、ウィンター仕様もあるので、冬場に履くならこちらがおすすめです!

\氷上や雪の上でも滑りにくい!Jungle Mocのウィンター仕様!/

りぶらい

冬場に履くならウィンター仕様がおススメ!

防水仕様じゃない

ジャングルモックジャングルモック2.0は小雨程度の雨をしのげる撥水加工がされているのに対し、ジャングルエボはそういった加工がされていません。

そのため、本降りの雨の日や水場での使用は向いていないと思います。

そういった場面での使用であれば、撥水加工がされたジャングルモック2.0がおすすめです!

\雨の日でも任せられる安心感!/

りぶらい

本降りの雨の日や水場での使用は、ジャングルモック2.0がおススメ!
ただし、完全防水ではないので過信は禁物!

良い!と感じるところ

続いては、使用していて”良い!”と感じるところについてまとめます!

手を使わずに脱ぎ履きできる

まずは何といってもこの部分!

ジャングルモックジャングルモック2.0から変わらず搭載されている機能ですが、ジャングルエボでも健在です!

両手が塞がっているシーンや急いで脱ぎ履きしたいシーンなどで、全くストレスのない脱ぎ履きが可能です。

Point!

子育て中のママさんパパさんや、脱ぎ履きが多い方には特におススメ!

りぶらい

手を使わずに脱ぎ履きできるのは本当に便利!
子育て中や急いでいるときにもおすすめ!

長時間履いても疲れない

ミッドソールのパートでもお伝えしましたが、ジャングルエボはこれまでのジャングルモックジャングルモック2.0に比べて、クッション性が更に向上しているように感じます。

硬い地面を歩いているという感覚ではなく、ふわふわとクッション性のある地面を歩いている様な感覚を覚えます。

そのため、長時間履いていても足裏が疲れず、快適に過ごせます!

普段から長距離を歩く方や、今履いている靴でクッション性が低いと感じている方などに、是非試してみていただきたいです!

りぶらい

高いクッション性で足が守られ長時間履ける!

コーデしやすいデザイン

3つ目のポイントは、コーデに合わせやすいデザインであるという事!

ジャングルエボはシンプルでスタイリッシュなデザインなので、幅広いコーデで使用できると思います。

jungle-evo 特徴6
りぶらい

気軽に色々なコーデと合わせられるシンプルでスタイリッシュなデザイン!

ジャングルモック2.0とジャングルエボ

さて、ここではジャングルモック2.0ジャングルエボの比較をしてみたいと思います。

アッパー部分の素材の違い

前述した通り、アッパー部分の素材がそれぞれで異なります。

ジャングルモック2.0では、ピッグスキンレザーが使用されており、通年通して履けるデザインになっています。

ジャングルエボはニット素材が使われていますので、通気性が高く、春~秋頃にかけて快適に履けるデザインになっています。

jungle-evo 外観
りぶらい

どちらもシュッとしててかっこいい!

足首回りのクッション性

続いては、足首周りのクッション性についてです。下図をご覧ください。

ジャングルモック2.0は、足首周りのクッション材が薄く、スリムなデザインになっています。

ジャングルエボは、足首周りのクッション材(グレーの部分)が分厚く、より足首をサポートしてくれる様なデザインになっています。

実際に履いていても、ジャングルエボの方が足首周りの安定感や快適性が高いように感じます。

長時間履くシーンが多ければ、ジャングルエボの方が快適に履き続けられるかもしれません。

りぶらい

足首周りのクッション性は、
ジャングルエボの方が高い!

靴底のグリップ性能の違い

最後は、靴底のグリップ性能の違いについてです。

ジャングルモック2.0は、2年以上履いていることもあり、だいぶソール部がすり減ってしまっていますが、元々は、グリップ性能の高い”Vibramソール”というソールが搭載されています。(ソール部中央の黄色いシンボルが”Vibramソール”のロゴです)

ジャングルエボはVibramソールは搭載されていませんが、ジャングルモック2.0に比べて凹凸の多いデザインになっています。

個人的な感覚では、ジャングルエボの方がグリップ性能が高く、安定しているように感じます。

りぶらい

グリップ性能は、
ジャングルエボの方が高い印象!

ジャングルエボはどんな人におすすめ?

最後に、ジャングルエボがおすすめな人とそうでない人についてまとめます。

向いている人:春~秋にかけて、暑いシーズンでも快適に過ごしたい人
向いていない人:一年中同じ靴を履きたい人 / 天候に関係なく同じ靴を履きたい人

ジャングルエボは通気性が高い分、冬場にはあまり適していないシューズだと思います。(それほど寒くない地域なら冬場でも履けると思いますが……)

また、撥水加工も施されていないため、あまり雨の日の活躍はできないかもしれません。

一方で、春~秋にかけて、暑い日でも快適に過ごしたい人にとっては、おススメできるシューズだと思います。

りぶらい

りぶらいは
雨の日はジャングルモック2.0
晴れの日はジャングルエボ
みたいな感じで履いています!

どこで買える?試着はできる?

今回ご紹介した、メレルのジャングルエボジャングルモック2.0は靴屋さんでも取り扱いのある店舗がありますので、

そちらで試着や購入が可能です。

しかし、実店舗だと取り扱い状況に応じて、”近所の靴屋さんに置いてない!”みたいな状況もあるかと思います。

りぶらいのおすすめとしては、Amazonの試着サービス”Prime try before you buy”を利用して、実際に試着してサイズ感を確認の上で購入されるのが良いと思います!

Prime try before you buyとは?

Prime try before you buy”とは、AmazonのPrime会員のみが使用できるシューズや服の試着サービスです。

購入前にサイズ感や着用した感じを確認できるので、

  • ”買ってみたけどイメージと違った”
  • ”実際に履いたらサイズが合わなかった”

などという事がなくなります。

Point!

Prime try before you buy はAmazonの試着サービスのこと!(Prime会員限定サービス)

Prime try before you buyの概要

利用の流れを知りたい方も多いと思いますので、下記に簡単にまとめておきます。

簡単に利用できるので、ぜひ皆さんも使ってみて下さい!

STEP
試したい商品を決め、商品ページへ飛ぶ
STEP
”Prime try before you buy”のチェックを入れ、サイズを選び、カートに追加して無料試着を選択
Amazon-Prime-try-before-you-buy概要
STEP
後日商品が届いたら試着をして、合わなかったものは返却、合ったものがあれば購入すればOK!
りぶらい

ね!簡単でしょ?

ちなみに、りぶらいはジャングルモック2.0を初めて買う時に、サイズ感が分からなかったので、”Prime try before you buy”を使っていくつかのサイズを試着して、購入を決めました。

屋内限定にはなりますが、実際に履いた感じも分かるので、靴選びの時は重宝するサービスです!

Prime try before you buyの詳細

サービスの詳細は、下記ボタンから公式HPへ飛んでご確認ください。

とっても便利なサービスなので、まだ試されたことのない方はぜひ使ってみて下さいね!

なお、このサービスは、Amazon Prime会員限定のサービスなので、これを機にPrime会員になるのもおすすめです!

○Amazon Prime会員への登録方法はこちらでまとめています!

○Amazon Prime会員になると受けられる特典はこちらでまとめています!

まとめ│ジャングルエボで毎日を快適に!

今回はメレルのジャングルエボについて、その特徴やジャングルモック2.0との比較をご紹介してきました!

どちらもとっても良いシューズなので、ぜひ靴選びの参考にしていただけたら嬉しいです!

また、”まだメレルのシューズを履いたことが無い!”という人がいれば、この機会にぜひお試ししてみて下さい!

きっと、脱ぎ履きのしやすさや歩きやすさに感動すること間違いなしです!

この記事をきっかけに、少しでもみなさんの足元が快適になれば幸いです!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

また次回の記事でお会いしましょうー!

-結論-

ジャングルエボは、春~秋にかけてのシーズンで活躍してくれる1軍シューズ!

他の靴には無い快適な脱ぎ履きと、高いクッション性が魅力!

  • 手を使わずに脱ぎ履きできる
  • 高いクッション性で長時間履いても疲れない
  • どんなコーデにも合わせやすいシンプルなデザイン

\高い通気性と軽量化設計が魅力!/

※2023年11月時点で、ハーブ色以外の色は入荷未定の売り切れ状態の様です。ご検討中の方はお早めのご購入をおすすめいたします。

こちらもおすすめ!

\脱ぎ履き楽々の快適シューズ!1年中通して履きたい人にいおすすめ!/

りぶらい

最後まで読んでくれてありがとう!
また次回の記事でお会いしましょう!
またねー!

\この記事はSWELLで作成しています!/

jungle-evo アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

やる気に繋がるので、良ければシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次