虫、カビ無しで楽しむ!土を使わない観葉植物の育て方!

観葉植物 外観

著者情報

この記事を書いた人
サイトアイキャッチ りぶらい

りぶらい

毎日の暮らしに”ちょっと良い”をプラスするモノやサービスの情報をお届けします!

タップできる目次

インテリアグリーンの虫、カビ対策

観葉植物の虫やカビ対策
きちんとできていますか?

観葉植物をまだ育てていないけど、これから育ててみたいと思っている方、
虫やカビが心配で、中々手が出せないとお考えではないですか?

ポイントをおさえれば、虫やカビ無しで観葉植物を楽しむことができます!

我が家では、ガジュマルやパキラなど、室内でインテリアグリーンを育てて楽しんでいます。
もちろん、虫やカビなども出ておりません。

クリーンなインテリアグリーンライフを送るためのポイントは、土選びと苗選びです。

この記事では、インテリアグリーンをクリーンな環境で楽しむために、用土選びと苗選びをご紹介していきます!

ご興味がある方は、是非最後までお付き合いくださいね!

観葉植物 外観
我が家の観葉植物たち
左から、ガジュマル、シェフレラ、パキラ

この記事のポイントと目的

  1. 用土選び
    観葉植物をクリーンな状態で育てるための、用土を理解しましょう
  2. 苗選び
    観葉植物をクリーンな状態で育てるための、苗購入時のポイントを理解しましょう。

この記事の所要時間:約5分

ポイント① 用土選び

まず初めに、用土選びです。

虫が発生する主な原因は、土にあります。

一般的な土だと、土の中に虫の卵があり、
植物を育てているうちにそれらが孵化して外に出て、虫が発生する要因となります。

そのため、虫が湧かない用土を選ぶことが重要です。

虫が湧かないおすすめ用土2選

セラミスグラニュー

我が家でもっとも使用頻度の高いセラミスグラニューの紹介です。

セラミスグラニューは、粘土を焼いて作られた室内園芸用の用土です。
多孔質で、水を与えると水を貯える性質があり、
植物は欲しいときにセラミスから水を吸収できるようになります。

人工用土のため、虫やカビの心配がなく、
クリーンな環境でインテリアグリーンを楽しめます。

水を貯えやすいので、根腐れ防止剤を鉢底に敷いて使います。
水はセラミスが乾いてきたタイミングで、全体の1/3~1/4程度をあげます。

環境にもよりますが、私の環境だと2~3週間に1度の水やり頻度です。

虫が湧かないだけでなく、水やり頻度も少なくできるのは大変魅力ですよね!

慣れないうちは、水をやるタイミングが見極めづらいと思いますので、
下記に載せたインジケーターなどがあると便利かもしれません。

セラミスを用いた実際の植え替え方は、
こちらの記事で解説していますので、ぜひあわせてご覧ください。

炭植え

もう一つのおすすめは、ハイドロカルチャー用の木炭です。

普通の木炭をハイドロカルチャー用に加工して作られた木炭で、根腐れしにくく、消臭効果や殺菌作用に優れた用土です。

こちらも、水やりは木炭の表面が乾ききったら、植えている容器の1/3~1/4程度の水をあげます。

我が家では、2週間に1度程度のペースで水やりをしています。

セラミスに比べると、頻度は若干多いくらいですが、それでも結構楽に育てられます。

最近では、Cainzで販売されている観葉植物も、炭植えの商品があります。

気になる方はそれを購入されるといいかもしれません。

ポイント② 苗選び

土が決まった後は、苗選びです。

私は過去にここで失敗をして虫を湧かせたことがあるので、是非注意してください。

最大のポイントは、炭植えや室内向けに販売されている商品を購入することです。

こうした商品は、室内鑑賞を目的に育てられているので、比較的防虫もしっかり管理されており、安全率が高いのでお勧めです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、虫、カビなしで楽しむインテリアグリーンライフというテーマで、おすすめ用土や苗をご紹介いたしました。

今後、セラミスを使った植え方などもご紹介する予定ですので、気になる方は、そちらもチェックしてみてくださいね!

皆様が素敵なインテリアグリーンライフを送れることを、願っています!

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

\この記事はSWELLで作成しています!/

観葉植物 外観

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

やる気に繋がるので、良ければシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次