造花はどこに売ってる? 売ってる場所やお手入れ方法、捨て方もご紹介!

アイキャッチ

著者情報

この記事を書いた人
サイトアイキャッチ りぶらい

りぶらい

毎日の暮らしに”ちょっと良い”をプラスするモノやサービスの情報をお届けします!

  • 造花を買いたいけど どこに売ってる?
  • 造花専門のネットショップはある?

増加は頻繁に購入するものではないので、身近にあっても普段はなかなか見落としがちですよね。

そこでこの記事では、造花を売っている場所をまとめて紹介します。

この記事を読むことで、自分に合った造花の買い方を知ることができますよ。

早速、造花の売っている場所を一緒にみていきましょう!

造花の購入ならPrima Onlineがおすすめ!

Prima Onlineは造花やフェイクグリーン専門のネットショップ

高い品質と豊富な種類のラインナップで、あなたにぴったりの商品が見つけられます!

\造花・フェイクグリーンの専門店/

タップできる目次

造花が売っている場所

造花が買える場所を見ていこう!

造花が売っている場所

造花は主に下記で挙げた場所で手に入ります。

造花が買える場所

  • 100円ショップ
  • ホームセンター
  • ネットショップ

100円ショップ

まずは100円ショップです。
最近では観葉植物なども取り扱っている 100円ショップ。

造花も店頭に並べられているショップも増えています。

お近くのショップで是非確認してみましょう。
ダイソーならネットショップもあるので、ネット注文も可能です。
DAISOネットへはこちらから>>DAISOネット

デメリットメリット
品質は値段相応
種類が少ない
実物を見て購入可
手軽に入手
料金が安い

ホームセンター

カインズ等のホームセンターでも造花の取り扱いがあります。

店舗によっては、観葉植物や花などのコーナーが大きく用意されている所もあり、その一角で造花が販売されています。

お近くのホームセンターでチェックしてみましょう。

デメリットメリット
品質は値段相応
種類が少ない
実物を見て購入可
手軽に入手できる

ネットショップ

最後は、ネットショップです。

100円ショップやホームセンターにある商品よりも、高品質で繊細な商品を取り扱うお店も多数あります。

その分お値段はかかりますが、頻繁に買い替えるものでもないと思いますので、高品質で再現度の高い商品をお探しの方は、こちらがおすすめです。

ここでは例として、 造花やフェイクグリーンを専門に扱うPrima Onlineショップのリンクを貼っておきます。

高品質な造花やフェイクグリーンが多く扱われているので、是非チェックしてみて下さい。

造花イメージ

\造花・フェイクグリーンの専門店/

造花は永遠に枯れない人工花

ここで、造花についてもおさらいしておきましょう。

造花は、英語でアーティフィシャルフラワーとも呼ばれ、花の美しい盛りの姿をとどめた永遠に枯れない人工花の事を指します。

ポリエステルやポリエチレン、ウレタンなどの素材を使用して再現されます。

表現したい花によって様々な素材を使い分けて厚みを調整したり、染色を工夫したりすることにより、生花のようなリアルな質感と色合いが表現されています。

造花 イメージ
画像はイメージです

フェイクグリーンとの違い

造花は人工的な花を指す言葉であり、アーティフィシャルフラワーとも呼ばれます。

対してフェイクグリーンは、人工的な観葉植物などの花の無い植物を指す言葉です。

あいまいになりがちな言葉なので、区別して使いましょう

フェイクグリーンの概要は記事はこちらから▼

造花の特徴

造花の特徴を見ていきましょう

\造花・フェイクグリーンの専門店/

造花のデメリット

・生花のような新鮮味が薄い
・育てる楽しみはない

では、ひとつずつ見ていきましょう。

生花のような新鮮味が薄い

まず初めに、造花の場合は生花のような香りなどはなく、新鮮味が薄くなりがちです。

香りや艶などを楽しみたい方には向かないかもしれません。

最近では精巧で、より生花に近い高品質な造花も増えていますので、新鮮味を大切にしたい方は、そのような造花もおすすめです。

育てる楽しみはない

造花は生花とは違い、良くも悪くも成長しません。

植物や花を育てる楽しみを得たい方には向かない商品といえます。

造花のメリット

続いて、メリットも見ていきましょう。
造花のメリットとしては、下記3点があげられます。

・手間をかけずにお手入れができる
・場所を選ばずに飾れる
・視覚的に植物を楽しめる

では、ひとつずつ見ていきます。

手間をかけずに楽しめる

造花は成長しないため、水やりや剪定の時間を削ることができ、世話に時間がとられることはありません。

植物を生活に取り入れたくても、世話をする時間がない方や、一人暮らしなどで外に出ている時間が多い方など、手間なく気軽に植物を楽しみたい方にはおススメです。

造花メリット
画像はイメージです

場所を選ばずに飾れる

本物の生花であれば、日当たりや温度を気にして場所を決める必要がありますが、造花であれば気にせず飾れます。

日陰や日当たりのよすぎる場所、エアコンの風が当たる場所など、生花なら避けないといけない場所でも、造花なら気にせず取り入れることができます。

場所や環境を選ばずに取り入れることができるので、生活に取り入れるハードルが下がるのが嬉しいポイントです。

造花メリット
画像はイメージです

視覚的に植物を楽しめる

お花やグリーンを目にすると、心が落ち着く、心が安らぐといった経験は、誰にでもあるかと思います。

視覚的に植物が楽しめることにより、癒し効果が得られる心理的要素も期待できます。

感染症予防に伴い、自宅時間が長くなる昨今。

造花を取り入れることで心理的な癒しを得ることは、健康的に毎日を過ごすためにも、大切にしたい要素ですね。

造花メリット
画像はイメージです

\造花・フェイクグリーンの専門店/

造花の手入れ

造花の場合、生花の様な水やりや日光浴は必要ありませんが、ほこりなどに対するケアは必要です。

ずっと同じ場所においておくと、ほこりは溜まっていくもの。

なので、定期的にほこりを払ったり、ほこりをつきにくくしてあげることが大切です。
はたきやエアダスター、ブロアーなどで、ほこりを吹き飛ばしてあげましょう。

造花 お手入れ
画像はイメージです
PRIMA Onlineへはこちらから

造花の捨て方

基本的には可燃ごみでOKです。

一部、金属などが含まれる場合は不燃ごみとして扱います。

役目を終えてくれた造花は、正しい方法で捨てましょう。

造花 捨て方
画像はイメージです

造花で暮らしを彩ろう

在宅時間も増え、室内でのリラックス要素が欲しくなりがちな現代社会。

生花を育てる時間は取れなくても、造花であれば手間いらずで気軽に始められます。

是非皆さんも、造花で日々の暮らしに彩りを添えてみませんか。

\造花・フェイクグリーンの専門店/

▼虫カビ無しで観葉植物を育てるならこちら▼

▼クリーンに植物を育てる方法はこちら▼

▼本物のお花を育てるならこちらもおすすめ▼

\この記事はSWELLで作成しています!/

アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

やる気に繋がるので、良ければシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次