wordpress│再利用ブロックの使い方!SWELLブログパーツとの違いも解説!

アイキャッチ

著者情報

この記事を書いた人
サイトアイキャッチ りぶらい

りぶらい

毎日の暮らしに”ちょっと良い”をプラスするモノやサービスの情報をお届けします!

WordPressの再利用ブロック
使いこなせていますか?

みなさんは、Wordpressの再利用ブロックを使っていますでしょうか?
”存在は知っているけど、使い方が分からず活用できていない” という方も多いのではないでしょうか?

この記事では、
再利用ブロックを使うとできる事や使い方、SWELLに搭載されているブログパーツとの使い分けについて紹介していきます!

タップできる目次

再利用ブロックを使ってできること

同じデザインのブロック群を使いまわせる!呼び出したブロック群は個別に編集することも可能!

WordPressの再利用ブロック機能を使ってできることは、下記の通りです!

できること① 特定のブロック群をパーツとして登録し、一発で呼び出せる

例えば、下記のような感じで再利用ブロックに登録したブロック群を一発で呼び出すことができます!

複数の記事などで、同一のブロック群を呼び出したいときに便利です!
例えばアフィリエイト広告の紹介ブロックなど

\再利用ブロックから呼び出したブロック群です!/

例えば、複数記事で同一のアフィリ広告を貼りたいときなどに、登録しておけば一発で呼び出せます!

\このサイトはSWELLで作成しています!/

できること② 再利用ブロックに登録した内容を編集すれば、再利用ブロックを呼び出しているすべての記事へ変更を反映できる

再利用ブロックとして登録しているブロック群を編集すれば、
その再利用ブロックを呼び出している記事の該当箇所を一括で変更できます!

例えば、各記事で毎回使うようなブロック群を、再利用ブロック へ登録したとします。
(ここでは再利用ブロックAとします)

各記事では、再利用ブロックAを呼び出せば、個別の記事でブロック群を編集する必要なく、再利用ブロックAの内容を複数記事へ反映することができます。

再利用ブロック
再利用ブロック

再利用ブロックAの内容をBへ変えたくなっても変更は簡単です!

各記事で記載している再利用ブロックAの内容をBの内容へ変えたくなった場合、再利用ブロックを利用していなければ、各記事の該当箇所をAからBへと変更しなくてはなりません。
でも再利用ブロックを利用していれば、変更は簡単です!登録している再利用ブロックAをBの内容へと変更するだけで、各記事への反映が完了します。

呼び出している記事を個別に編集する手間が省け、非常に効率的にブログ運営を行うことができます!

できること③ 呼び出したブロック群を個別編集できる

再利用ブロックの一番便利な点は、同じデザインのブロック群を使いまわせ、個別に編集ができるところです。

例えば、ブログを書いていて下記のようなシーンはありませんか?

再利用ブロックを利用すれば、ブロックをテンプレート化して使う事が可能です!

メリットデメリットの比較表は、いつも同じ体裁にしているから、
下記のようなブロック群をテンプレートとして一発で呼び出したいなぁ

\こんな感じで、ブロック群を呼び出せるよ!/

メリットデメリット

デメリット
メリット

でもって、中身は記事毎で違う内容を書いていきたいなぁ
例えば下記みたいに!

\こんな感じで、ブロック群を呼び出した後に個別で編集ができるよ!/

記事A

Aに関するメリットデメリット

デメリット
  • Aのdemerit 1
メリット
  • Aのmerit 1

記事B

Bに関するメリットデメリット

デメリット
  • Bのデメリット1
メリット
  • Bのメリット1
りぶらい

こういうことが再利用ブロックを利用していれば簡単にできるよ!
ブロック群のテンプレート的な使い方ができるんだ!

再利用ブロックの作り方

まずは再利用ブロックの作り方を見ていきましょう!

サイドバーの再利用ブロック欄から作る方法

再利用ブロックの作り方はとっても簡単です!

STEP
WordPressのサイドバーより、”再利用ブロック” を選択し、 “新規追加” を選択
再利用ブロック
STEP
記事を作成する時と同様に、登録したいブロック群を作成し、”公開” をクリック
再利用ブロック
STEP
これで再利用ブロックの追加は完了です! 再利用ブロックの使い方へお進みください!
りぶらい

記事を作る手順とほとんど変わらないから簡単だね!

ブロックエディター内から作る方法

ブロックエディター内から再利用ブロックを作ることも可能です!

例えば、下記のメリットとデメリットに関するブロック群を登録する例を見てみましょう!

STEP
登録したいブロック群を作る

メリットデメリット

デメリット
メリット
STEP
登録したいブロック群を選択
再利用ブロック
STEP
画面上部にあるバーから “3点マーク” をクリックし、”再利用ブロックを作成”を選択する
再利用ブロック
STEP
これで再利用ブロックの追加は完了です! 再利用ブロックの使い方へお進みください!
りぶらい

記事内からも再利用ブロックを作成できるから便利!

再利用ブロックの使い方

続いては、登録した再利用ブロックを呼び出す方法です!
そのままの内容を呼び出して掲載する方法と、テンプレートの様に使用する方法があります!

登録したブロックの呼び出し方法

登録したブロックの呼び出し方は、下記の2つです。

トップバーから呼び出す方法

STEP
画面左上の”+”マークをクリックして、メニューを表示する
再利用ブロック
STEP
”再利用可能” ボックスを開き、挿入したいブロックを選ぶ
再利用ブロック

コマンドで呼び出す方法

STEP
エディター内で “/block” と入力すると、再利用可能ブロックが表示されるので、挿入したいブロックを選択する
再利用ブロック

登録したブロックをテンプレートとして、記事毎で違う内容を記載していく方法

テンプレートとして使うには、呼び出した再利用ブロックを “通常ブロックへ変換” する必要があるよ!

登録したブロックをテンプレートとして使うためには、再利用ブロックを呼び出したのちに、通常ブロックへ変換して、再利用ブロックとのリンクを切る必要があります!

STEP
“登録したブロックの呼び出し方法”を参考に、再利用ブロックを呼び出す
再利用ブロック
STEP
呼び出した再利用ブロックを選択し、トップバーの “3点マーク” をクリック
再利用ブロック
STEP
“通常のブロックへ変換” をクリック
再利用ブロック
STEP
これで再利用ブロックとのリンクが切れたので、他の再利用ブロックへ影響を与えず、
個別にブロックを編集することができます

SWELLブログパーツとの違い

SWELLのブログパーツは、呼び出した後の個別編集ができない!

WordPressの再利用ブロックと同じような機能が、SWELLのブログパーツ機能です。

一見すると同じ機能の様に見えますが、前述したブロック群をテンプレートとして使いまわせるか否かに違いがあります。

再利用ブロック

  • ブロック群をテンプレートとして使いまわせます


SWELLのブログパーツ

  • ブロック群をテンプレートとして使いまわすことはできません

SWELLのブログパーツでは登録したブロック群を呼び出すことはできますが、
個別に編集することはできません。

再利用ブロックとSWELLブログパーツ の違い

再利用ブロックでできること

  1. 特定のブロック群をパーツとして登録し、一発で呼び出せる
  2. 再利用ブロックに登録した内容を編集すれば、
    再利用ブロックを呼び出しているすべての記事へ変更を反映できる
  3. 呼び出したブロック群を個別編集できる
再利用ブロック

SWELLブログパーツでできること

  1. 特定のブロック群をパーツとして登録し、一発で呼び出せる
  2. ブログパーツに登録した内容を編集すれば、
    ブログパーツを呼び出しているすべての記事へ変更を反映できる
再利用ブロック

再利用ブロックとSWELLブログパーツの使い分け

ポイントはブロック群をテンプレートとして使いたいか否か!

前述した再利用ブロックとSWELLブログパーツとの違いから、私は下記のような使い分けをしています!

テンプレートとしてもブロック群を使いたい時

  • 再利用ブロック

同じ内容を複数記事へ展開したいとき

  • 再利用ブロック or SWELLブログパーツ

まとめ ― 再利用ブロックを使って効率的に記事を書こう!

今回は再利用ブロックの使い方について紹介しました!

テンプレートとして使いまわせる点が非常に便利ですので、皆さんも活用してみて下さいね!


\この記事はSWELLで作成しています!/

アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

やる気に繋がるので、良ければシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次