【30代会社員】仕事でやる気が出ないのは当たり前!自分を責めずに働くコツ

仕事のやる気が出ないのは当たり前1

著者情報

この記事を書いた人
サイトアイキャッチ りぶらい

りぶらい

毎日の暮らしに”ちょっと良い”をプラスするモノやサービスの情報をお届けします!

-結論-

仕事なんてやる気が出なくて当たり前!

うまく折り合いをつけて働いていこう!

Point!
  • 仕事は誰かの”やりたくない”こと
  • 自分の中で理想の上司を持ってみよう!
  • 働く目的を改めて考えてみよう!

\全管理職に読んで欲しい!/

タップできる目次

仕事のやる気で悩んでない?

りぶらい

みなさんこんにちは!
りぶらい です!

みなさんは、仕事をする上で、やる気で悩んだことはありますか?

  • 自分は何でもっと頑張れないんだろう……
  • 最近は何だか仕事に対するやる気が出ないな……
  • 日によってやる気の波があるみたい……

などなど。

社会人歴が長い人ほど、これまでに一度くらいは仕事に対するこんなお悩みを抱えたことがあるのではないでしょうか?

私も、これまでに何度かこの様な悩みを抱え、自己嫌悪に陥ることもしばしばありました。

しかし、最近になって”仕事に対するやる気なんて出なくて当たり前だな”と、開き直れる様になってきました。

この記事では、私がなぜそのような考えに至ったのかというポイントと、”仕事とどう折り合いをつけていくか”という考え方をまとめてお伝えしていきます。

いま悩んでいるみなさんにも、何かの参考になれば嬉しく思います。

りぶらい

では早速見ていこ―!

仕事なんてやる気がでなくて当たり前!

私は今年で社会人5年目になりましたが、これまでは何となく、仕事に対してネガティブな気持ちを持たない様に意識していたように思います。

  • 仕事なんだから頑張ってやらなきゃ
  • 毎日バリバリ働かなきゃ

など、自分の中で無意識に仕事を正当化して美化していたような気がします。

りぶらい

同じ様に思っている人も
いるのかなぁ?

ですが最近になって、

仕事なんてやる気が出なくて当たり前だ!

と、思う様になりました。

りぶらい

開き直りって時には大事。

というのも、そもそも”仕事”と呼ばれるものの中身は、

  • みんながやりたくないこと
  • 大変だから人にお願いしたいこと
  • 難しくて簡単にはできないこと

などだと思うからです。

”働く”ということは、上記のようなことをお給料という対価と引き換えに、引き受ける事だと思います。

だから、世の中の多くの人にとって、仕事は大変だし、面倒で、本当はやりたくないことであるケースが多いと思います。

もちろん中には、仕事が自分の適性や要望とマッチして、ワクワク楽しく働ける人もいると思います。

それはそれで素晴らしい事ではありますが、日々の仕事の全てが、そのようなものであるということは、まずありえないでしょう。

ですから、そもそもの大前提として、仕事に対して

  • やりたくないなぁ
  • 面倒だなぁ

と思う事は、決して悪い事ではないと思います。

りぶらい

仕事自体が誰かのネガティブな気持ちから誕生しているんだから、仕事を”面倒くさいなぁ”と思うのって、ある意味普通だよね?

仕事との付き合い方①
やる気が出ない自分を責めない

りぶらい

1つ目のポイントは、自分を責めないこと!

仕事は基本、面倒くさいもの

前述の通り、私は仕事なんて、所詮

”誰かのやりたくないこと”にお金(お給料)がくっついて回ってきたもの

仕事の概念

だと思っています。

だから、仕事に対してやる気が出なくても、仕事をネガティブに捉えても、全然悪い事ではないと思います。

そういう風に仕事を捉えたとしても、そう思った自分を責める必要は全くないと思います。

  • 仕事に対してそんなこと思っちゃダメだ
  • 自分はなんてダメな人間なんだ
りぶらい

こんな風に自分を責める必要は全然ないと思うよ!

やる気が出ないからやらない はNG!

とはいえ、”だから仕事をサボる!”というのはもちろんNGです。

お給料をもらう代わりに、仕事をします

ということで会社と約束しているわけですから、与えられた仕事はしっかりやり遂げましょう。

仕事との付き合い方②
やる気が出ない要因を探ってみる

りぶらい

2つ目のポイントは、やる気が出ない根本的な原因を探る事です

あなたのやる気を阻害する要因は?

あなたが仕事に対してやる気が出ないのはなぜでしょう?

考えてみると意外と難しいものです。

例えば……

  • 内容がつまらない
  • 上司や同僚と馬が合わない
  • 休息が十分に取れておらず体調が悪い
  • 働く目的を見失っている

などなど。色々あるかと思います。

普段は仕事に対して、そこまで深く考える事はなかなか無いかもしれません。

せっかくの機会ですので、ぜひ一度自分のやる気が出ない要因を考えてみて下さい。

もしかしたら、解決のヒントが見つかるかもしれません。

自分の中に理想の上司を持ってみよう!

ちなみに、いまの上司に何かしら不満があってやる気が出ない場合、自分の中に仮想の上司を設定するのもおすすめです。

そうすることで、

  • 上司が仕事でミスばかり指摘してくる
  • 価値観を押し付けてきてうっとおしい
  • 成果を出してもなかなか褒めてくれない

など、上司に対する不満が解消されるかもしれません。

仮想上司を作り上げる上で、私が最も参考になると思う本は下記の一冊です。

仕事におけるアドラー心理学の適用について、非常に分かりやすく、読みやすく書かれた本で、物事の捉え方や考え方を転換するきっかけになると思います。

特に仕事で失敗をしてしまったなど、ネガティブな局面に遭遇した際は、非常に参考になると思います。

\全管理職の教科書としたい一冊!/

働く目的を見つめ直す

りぶらい

3つ目のポイントは、
働く意味を見つめ直すこと!

あなたが今の仕事をする目的は何でしょう?

  • 生活費を稼ぐため
  • 家族を養っていくため
  • 社会貢献のため

などなど。

人によって様々な目的があるかと思います。

私の場合、仕事のやる気が出ない時は、こうした働く目的を見失っている場面が多かったように思います。

あなたが今の会社で仕事をする目的を、今一度考えてみると、”仕事を通して何がしたいのか”が明確になり、仕事に対するやる気も出てくるかもしれません。

まとめ│仕事とうまく付き合おう!

今回は”仕事でやる気が出ないのは当たり前”という点について、その理由や仕事とうまく折り合いをつけるためのポイントをご紹介しました!

この記事が、悩まれているみなさんの解決のヒントになれば嬉しく思います。

記事に関するコメントやご感想、商品に関するご質問などは、随時募集中です!

記事下のコメント欄やお問い合わせページのSNSなどから、お気軽に送っていただけたら嬉しいです!

ではまた次回の記事でお会いしましょう!

りぶらい

最後まで読んでくれてありがとう!
またねー!

-結論-

仕事なんてやる気が出なくて当たり前!

うまく折り合いをつけて働いていこう!

Point!
  • 仕事は誰かの”やりたくない”こと
  • 自分の中で理想の上司を持ってみよう!
  • 働く目的を改めて考えてみよう!

\全管理職に読んで欲しい!/

\この記事はSWELLで作成しています!/

仕事のやる気が出ないのは当たり前1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

やる気に繋がるので、良ければシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次